秋元技術士事務所について

秋元技術士事務所は皆様の成功のためにお役に立ちます。

このようなっていませんか

開発がなかなかまない。 現場技術・技能伝承ができていない。 プラスチックの基礎的なことをえてくれるがいない。 特許出願弁理士相談しているが、話がかみわない。 おもしろい製品ができたがどのようにっていかわからない。 下請仕事ばかりで会社将来像けない。 展示会パネルがうまくれない。 補助金申請書がうまくけない

是非、秋元技術士事務所にお声かけください。

 結局、安くて、早くて、上手くいくんです。 お問合せはhttp://www.ce-akimoto.com/contacts/index.htmlから。

ページビューの合計

2012年6月30日土曜日

技術士試験合格体験記

㈱新技術開発センター発行の技術士試験合格体験記(2012年6月20日発行 5000円)に
平成19年度の合格体験記として掲載されました。
http://pe.techno-con.co.jp/item/2653.html




平成19年度技術士合格体験記
○化学部門(高分子製品)
○秋元英郎

はじめに:私が技術士になりたいと考えたのは平成15年頃のことです。企業内技術士として活躍する道、独立起業してコンサルタントになる道のいずれの道に進むにしても価値あることと考えていました。所属するプラスチック成形加工学会の専門委員会でも独立技術士の先輩がたと面識があったこともきっかけになりました。

一次試験:平成18年度に一次試験を受けました。基礎科目、専門科目ともにとにかく範囲が広く、完璧をめざし過ぎるといつまで経っても前に進まないので、割り切りも必要と考えました。

基礎科目:問題集・過去問を解いて、その周辺を調べながら学習する方法を採りました。情報に関する分野については、基本情報技術者のテキストを買って学習し、技術連関については、ECO検定テキスト等を買って、環境・エネルギーの知識を仕入れました。

専門科目:半分以上は大学時代の知識が活かせましたが、理学部出身者としてましみが無い燃料油や化学装置に関しては、燃料油・潤滑油に関する図書を購入して学習し、化学装置に関しては思い切って捨てることにしました。

試験当日:基礎科目、専門科目ともに時間は非常にタイトでした。問題選択に時間をかけ過ぎないように注意するとともに、選択数を間違えないように何度もチェックしました(失格になるので)。結果は、適性科目(13/15);基礎科目(12/15);専門科目(38/50)と、比較的余裕を持って合格できました。

二次試験対策:一次試験の合格発表を待つまでもなく解答速報で合格がわかっていたので、合格発表前に「実力養成講座」を申し込みました(絶対おすすめ!)。ポイントはスクーリング・添削回数が各5回と多いことと、1ケ月に一度スクーリング・添削があることで、最後までモチベーションが維持できました。試験制度が変更になった初年度だったので、講座での指導は本当に助かりました。

受験申込:業務経歴の書き方では、体験論文のテーマになりうる業務を3件は書くようにしました。その際、成果だけではなく、現時点で当時の具体的な資料・データが手に入るかどうかも考慮しました。この点、受験申込前に体験論文の添削が受けられたことは非常に有効でした。(試験制度が改正された初年度であったので、体験論文に書く業務の数は1~3業務の範囲で想定していました)

必須科目:化学部門の必須科目は毎年化学産業の課題と提言に関するものであり、この傾向に変化は無いと考えました。学習の題材は、①放送大学の「日本の製造業の新展開」を半年受講、②日本IBMの取引先向けセミナー(講師:経済産業省の担当官)、③「ものづくり白書(2007年度版)」、④学会誌・業界紙等の新年の特集号などを活用しました。また、プラスチックの3R(リユース、リデュース、リサイクル)については、特に深く調べました。これは筆記試験には出ませんでしたが、口頭試験に役立ちました。

専門科目:学習の基本は、過去問の解答作成でした。必須科目もそうですが、専門科目は一人ひとりのバックグラウンドによって模範解答が異なります。したがって、問題集の模範解答はあくまで参考程度と考え、自分の力で調べて自分としての模範解答を作成することが何より重要ですし、それができてこそ技術士にふさわしレベルであると思います。

学習時間の確保:仕事が忙しくて学習時間が確保できないという声は良く聞きます。私は勤務時間中に白昼堂々と学習しました。つまり、会社の業務で作製する報告書やメールを筆記試験のつもりで取り組んだのです。その結果として仕事の質も向上させることができました。

筆記試験当日:必須問題はものづくり白書【2006年度】から出題され、資料を解読して解答するもので、「自分の立場なら」という設問がありました。前述の対策がピタリとはまりました。選択科目は、過去問(制度改正前)に近い問題が多く出ましたが、18年度以前と比べると、単に知識を問うのではなく、具体的な例が求められました。自分が直接担当したか、特許等の調査をした経験が無いと対応しにくい問題であり、自分自身の経験を総動員して対応しました。

体験論文:対策講座受講の甲斐があり、準備の時間に余裕があって助かりました。課題の業務は2例でしたが、それぞれT社のハイブリッド車のドア、S社の太陽電池に採用され、経済的にも環境的にも役立っていると確信しながら書きました。体験論文は「実力養成講座」終了後に、体験論文指導講座で2回添削してもらっています。

口頭試験:技術士法の小冊子と想定問答集を自作して持ち歩きました。想定問答集では口頭試験のシミュレーションを行いました。口頭試験対策として注力したことは、技術士法改正の背景にある技術者倫理と技術者資格の国際的同等性の確保に関する条約等をしっかり理解すること及び、CPD(既にしていることと今後したいこと)について準備することでした。本番では、技術談義のような雰囲気であっという間に45分が過ぎ、あわてて技術者倫理の質問が出るといった状態でした。

合格して:まず変化があったのは、講演や専門図書・雑誌への執筆の依頼が増えました。学会・業界でも人脈が広がり、名前が通るようになりました。平成20年に技術士登録して、2年間は企業内技術士でしたが、平成22年に51歳で脱サラして、独立自営の技術士になりました。日本技術士会では化学部門の幹事、中小企業交流実行委員会の委員、千葉県支部の幹事になっています。サラリーマン時代の年収には及びませんが、第一人者として独占的に実施している業務も持っています。

技術士をめざす方へ:技術士試験の勉強は大変です。しかし、技術士になってからの方が勉強は大変です。何故なら、受験時代はお金を払う立場でしたが、技術士になってからはお金を戴く立場として、常に刀を磨いている責任があります。それだけの覚悟を持って飛び込めば、非常にやりがいがあり、楽しい人生になります。



【送料無料】ものづくり白書(2011年版)

【送料無料】ものづくり白書(2011年版)
価格:2,450円(税込、送料別)

【送料無料】Eco検定公式テキスト改訂2版

【送料無料】Eco検定公式テキスト改訂2版
価格:2,625円(税込、送料別)

0 件のコメント:

コメントを投稿